top of page
  • Odd Welding

新年

明けましておめでとうございます。

2024年になりました。今年は私、10年ぶりくらいに新年に4連休をとりましたね。


色んな本をじっくり読む時間もなく、重要な箇所だけ読んでたのでほぼ「積ん読」状態になってましたが、色んな参考書を読破しました。鍛えたつもりは一切ないんですが、いつの間にか速読になってたので、5冊くらいはその日のうちにすぐ読破してしまいました。


そんなゆっくりした正月は凄い。リラックスが凄かったです。

ちょっと高めのスマートウォッチをつけてまして、なかなか痩せない体の色んなもの記録してましたが、ストレス値が初めて下がりました。

休みって凄い。


とゆうより、30代後半にはいって、体調・健康・やる気に関しては時間や金、努力が必要になってきた。これが中年世代かと、実感してしまう。


正しい事ではないですけど、私は結構自由に仕事させていただける会社ばかりでしたので、昔から仕事ばかりしてました。年間休日は20日くらいで仕事してました。

会社から「労働基準から怒られるから仕事せんといてくれ」と言われて「わかりました!すんませんっす!」と言いながら仕事をしました。土曜だろうが、日曜だろうが。時間外労働だけで20万近く給料があがってました。ちゃんと真面目に狂ってました。仕事に対しては愚直でした。愚直というのは狂ってないといけない。なんせ愚かなほど真っ直ぐなのが愚直ですからね。人間、真っ直ぐ生きるためには狂ってないと真っ直ぐ進めない。普通では真っ直ぐ進めないもんなんですよね。それは悪い事じゃないです。くねくね曲がってゆらりゆらりと生きるのが普通なんで。

だからうちのコーポレートカラー(ロゴの色)はこだわりがあって、次の世代に繋げるという企業理念を表す黄緑色と、人の弱さを表現するためにグレーを2色使ってます。その3色でうちのロゴができてるんすよね。グレーゾーンがあるのが人。白黒だけでは人は納得しない。ルールがあってもその中だけでは生きられない。それを、その現実をしっかり受け止めて仕組みをつくって行く。そんな僕の意思を表現しました。



そんなこんなで。

まぁ無限に仕事していた20代。永久機関を持っていた20代。圧倒的に驚異的な物量で攻められましたが、いよいよ30代後半。物量ではなく質で勝負が必要だなと。まぁ2023年もオールで仕事したりも何回もしてましたが、2024はしっかり質をより高めてまいります。


また、創業してから初めて法律に触れるだろそれっていう要求があったりもしました。令和の時代にもそうゆうことはあるんですね。まぁ大手でも改ざん問題とかたまにありますしね。そういうものと戦ってきた2023年。かなり防御力もあがりました。私が。

これを会社として落とし込んで、土台がええ感じの会社に、より成長していきたいと思います。


皆様、2024年もよろしくお願いいたします。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゼークトの組織論とZ世代

前回のブログで書こうとして書けなかったものを書こうと思います。 2.ゼークトの組織論。 3.Z世代の課題と次の世代。 これですね。 前回にも書きましたが、わたし、組織論とかを結構勉強しまして、 組織作りをどのようにするべきかをうんうん考えておりました。 今は識学というものが一番よさそうだと思いながら色々読み漁ってます。 今まで、調べてきなものの中でもかなり印象的だったのが、ゼークトの組織論。 これ

教育という考えの危険性

社長です。こんばんは。 このブログページの使い方を悩んでたが、自分が考えてる事とか溶接の理論をブログらしくメモしてこうかなと思った。 今回のテーマを決めておこう。 1.教育という考えの危険性。 2.ゼークトの組織論。 3.Z世代の課題と次の世代。 よし、これでいこう。 まずは、社員教育のポイント。 という事で、最初は教育や指導について書こう。 うちのYouTubeで1番視聴されているのが指導のコン

bottom of page